下に並んだ図形を見てください。一番左側はただのシンプルな三角形です。この三角形の各辺の真ん中に、少し小さな三角形を付け加えます。すると二番目のような星の形ができます。その星の各辺の真ん中に、さらに小さな三角形を付け加えます。すると三番目のコンペイトウのような形になります。さらにその各辺に三角形を作って……と繰り返していくと、どんどん細かい図形になっていき、雪の結晶のようなキレイな図形が出来上がります。, この図形は、どの部分をどの縮尺で見ても三角形で作られていて、拡大しても縮小しても同じ三角形が繰り返し規則的に現れます。このように、縮尺を変えてもいつまでも同じ形が規則的に続いていく図形を「フラクタル」と言います。この「フラクタル」が世界を支配している「法則」なのです。, きっかけは「海岸線の長さ」についての数学の研究からでした。ごく普通の「海岸線の長さ」を測ろうとすると、ある奇妙な問題に突き当たってしまうのです。例えば、下の地図の海岸線の長さはどのくらいだと思いますか?, 右下にある1kmの縮尺から考えると、だいたい5kmくらいでしょうか? 入り組んでいるからもう少し長くなって7kmくらいかもしれませんね。, さて正解はと言うと、この海岸線の長さは「無限大」です。 もし僕ら一人一人が、小さな宇宙であり、僕ら一人一人の体内もまた、小さな宇宙であり、僕らからみた「宇宙」は、誰かの体の中だとしたら、どう思いますか?, 実は、宇宙と人間の体には似ているといえる理由があります。そしてそれは共通点でもあるんです, 宇宙、例えば太陽系は、いろんな要素が緻密的に、偶然の一致を見せたことにより、成り立っています。, たとえば、周回軌道がもしずれた場合、重力の関係で一気に太陽に飲み込まれるかもしれません。, もし、地球が太陽から今の距離になかったら、地球は氷の星だったかもしれないし、灼熱の星だったかもしれません。そしてそれは、火星や水星の位置関係のズレも関係します。(重力が相互作用することで、今の配置だから), 人体も、脳と各神経のつながりもそうだし、消化器官も、食べる→吸収や解毒→排出というメカニズムは、かなり緻密で複雑な要因が合致して構成されてます。, 宇宙には、銀河系があり、銀河系の中に太陽系のようなものがあり、そこに彗星や衛星のようなものがあったりします。, 知ってる人も多いかと思いますが、僕らの体の細胞の中にいるミトコンドリアという微生物は、そもそも別の、独立した生命体です。, いわゆる、共生関係と呼ばれるものですが、別の生命体であるミトコンドリアは、僕らの生命活動に大きく寄与してて、これが機能しないと病気になったりします。, つまり、僕らの体を太陽系とすると、その中には地球や火星などの別の惑星的な、別の生命体がたくさんいるんです。つまり、彼らは彼らの意思があるんだけど、それを総じてまとめて「僕」という存在が形成されてるんです。, つまり、ミトコンドリアからすれば、僕らは宇宙なわけです。僕らの体内(宇宙)には、赤血球や白血球がいて、血液がながれたりしています。, これは『はたらく細胞』って漫画を読むとわかりますよ。この漫画は、僕らの体内の別の生命体たちが、その世界を守ためにまるで僕ら人間のように生活してる様子が描かれています。, つまり、僕たちの体の外に、どんな別の宇宙をおくかによって、僕らの存在する宇宙=通称「自分系」の宇宙観が変わるとも言えますよね。, この事実に気付いてから、僕は「自分系」の構築に時間をかけ、意図的にシンクロニシティを起こすなどして「自分系」をいいものにアップデートしてきました。, そうかんがえると、僕らからみた宇宙も、作られたものかもしれない…とイメージできますね。, 僕らはひとりひとりが宇宙です。その宇宙は、実際の宇宙と違って、コントローラブルなもの。, ミトコンドリアがもともとは体外にいた別生命体のように。体外の影響を強く受けるのが、人間の体という宇宙です。, たとえば、個人個人がもってるミトコンドリア(菌)もまた、別物です。もしかしたら、非言語情報として、その菌の交換が行われ、環境や人間の体の構成に影響をしているかもしれません。, そういう要素があるかは、まだ明らかになってませんが、人が人とSEXする際は、粘膜からいろんな情報を交換してると言われているので、割と現実的にあると思います。, 僕たちの体の外に、どんな別の宇宙をおくかによって、僕らの存在する宇宙=通称「自分系」の宇宙観が変わる. 親子で、学校で楽しもう. 増田 明(READING LIFE公認ライター) さて、今回は宇宙と人体のフラクタル構造について・・・というお話です。 フラクタルって何?というお話からまずはさせていただかなければならないのですが、 これは少々難しいので、自分自身の感覚的なお話で理解していただきたいと思います。 きっかけは「海岸線の長さ」についての数学の研究からでした。ごく普通の「海岸線の長さ」を測ろうとすると、ある奇妙な問題に突き当たってしまうのです。例えば、下の地図の海岸線の長さはどのくらいだと思いますか? 右下にある1kmの縮尺から考えると、だいたい5kmくらいでしょうか? 入り組んでいるからもう少し長くなって7kmくらいかもしれませんね。 さて正解はと言うと、この海岸線の長さは「無限大」です。 は? どういうこと? 長さが無限大なんてありえないでしょ! と思うかもしれま … 脂肪、筋肉そして骨も、メッセージ物質を発信している. 宇宙における代表的な生体変化には以下のものがあります。 心循環器への影響 骨カルシウムへの影響 筋肉への影響 宇宙酔い 血液・免疫への影響 宇宙放射線による影響 閉鎖環境による精神心理面への影響 こ … 事業内容. 今回は、この世界を支配するある「法則」についての話をします。この「法則」が発見されたのは1970年代のこと。長い人類の歴史の中ではごく最近と言っていいでしょう。長い間、世界を支配するこの「法則」に、人類は気がついていませんでした。 宇宙も人体も、おそろしく複雑な構造をしているんです。 ひとつの塊の中に、別の塊がある. 宇宙には、銀河系があり、銀河系の中に太陽系のようなものがあり、そこに彗星や衛星のようなものがあったりします。 これと同じで、人体の中にも、 全体と部分は同じであり、それが繰り返され世界が作られている。全体と部分は調和し、全体の中に部分があり、部分の中にまた全体がある。 神奈川県横浜市出身。上智大学理工学部物理学科卒業。同大学院物理学専攻修士課程修了。同大学院電気電子工学専攻修士課程修了。 人体の不思議が、まるわかり!! 人体は小宇宙にたとえられます。私たち人間のからだの営みは普段意識することなく行われていますが、この授業では人体のつくりやしくみを理解することを目的とします。 Q 「人体の構造と機能」はどん … は? どういうこと? 長さが無限大なんてありえないでしょ! これで測るとモノサシ16本分になりました。0.5km☓16=8kmです。先ほどより3km長くなりましたね。モノサシが細かくなったので、海岸線が入り組んでいる箇所も正確に測れたためです。じゃあこの海岸線の長さは8kmで決まりでしょうか? いや、そうとは言えません。さらにモノサシを細かくして海岸線にピッタリ沿うように測ると、さらに長くなってしまいます。 口から肛門までが開放系パラメータのトーラス構造としての人体は、その中心点としての特異点であるお腹や肛門がゼロに収束した時点で、次なるビッグバンが起こり、ビッグバン直後の宇宙はあらゆる存在が混とんとしていたとされる。. ある科学者が、人体を研究されていた時のことです。 顕微鏡を使って色々な血球や病原菌などのミクロ(微小な世界)の世界を研究されていた時に ひらめきが起こったのです!そうだ!! 人は小さな宇宙! 脳が我々の人体に生まれて、その後に宇宙が存在した、ということだ。 47: ニューノーマルの名無しさん 2020/11/23(月) 23:01:27.32 ID:0UiKR/RB0 火の鳥未来編とか14歳とか思い出す 「複雑系入門」井庭崇 福原義久 NTT出版 宇宙を話題にしてもっと楽しみたい. Facebook・KUNIYOSHI KUWAHARAさん投稿記事 宇宙と脳の関係人体は小宇宙ともいう~~~~~「宇宙と脳は構造が似ている」と数学的に証明される! 宇宙は脳で 投稿日:2015年12月22日 更新日: 2020年8月21日. いや、実はなんとなくは気がついていたのかもしれません。はっきりと科学的には発見されていなかった、というだけかもしれません。, その法則は「フラクタル」と呼ばれています。「フラクタル」とはいったいなんでしょうか? iStockで、人体構造のストックフォト、画像、ロイヤリティフリーイメージ点のなかからお選びください。他では手に入らないクオリティの高いストックフォトが見つかります。 jaxaウェブサイト. 宇宙の大規模構造(うちゅうのだいきぼこうぞう、 large‐scale structure of the cosmos )は、宇宙の中で銀河の分布が示す巨大な泡のような構造である。 宇宙の泡構造 と呼ばれることもある。 コスモスとは、もともと秩序や調和を意味する概念であり、ミクロコスモス(大宇宙)とミクロコスモス(小宇宙)という二つのコスモス(秩序)は、根源的に同一である構造がマクロ(巨視的)とミクロ(微視的)という二つの視点において捉えられた概念である。 ★宇宙と人間の仕組み 137億年前に誕生した宇宙では、時空の誕生から始まり無機物・有機物・生命にいたる果てしなく長い連鎖の果てに、 私たち人間が存在しています。 宇宙において、人間の存在意義とは一体なんなのでしょうか? 人間は何故生まれてきたんでしょうか? それだけではありません。地図を拡大していくと、見えていなかった細かい海岸線のデコボコがさらに見えてきます。それをもっと小さいモノサシで正確に測ると、さらに長さが伸びます。, 地図を拡大し、細かいデコボコが見えてくるたびに、海岸線の長さは長くなります。地図では拡大に限りがありますが、実際の海岸線だったら、石ころ1つレベル、さらに砂粒1つレベルまで拡大できます。やろうと思えばさらに細かく、いくらでも拡大していくことができます。それを測っていくと、長さは果てしなくのびていき、ほぼ無限大になってしまうのです。, 数学の世界で、それまで扱われてきた形、例えば円や三角形、四角形、六角形、などは、長さをはっきりと測ることができます。しかし人工的ではない自然界のものは、長さを測る、という一見単純なことがなかなかできないのです。, フランスの数学者、ベノア・マンデルブローは1970年代に発表した論文で、海岸線の長さを例に、このような自然界の形についての新しい考え方を提唱しました。 宇宙のこと、天体のことを知りたい. 宇宙の温度は-270度といわれており、絶対零度に近い状態であることが分かっています。 宇宙空間は真空状態なので人間が寒さを感じることは無く、地上では空気の分子が自由に運動しているから温度が生じているわけです。 大手オフィス機器メーカでプリンタやプロジェクタの研究開発に従事。, 父は数学者、母は理科教師という理系一家に生まれる。子供の頃から科学好きで、絵本代わりに図鑑を読んで育つ。 概要. 人間の脳はどんな宇宙構造よりも複雑であること。そして、その脳の「認知」を支配しているのはその中の「遺伝子」だった . それまで数学で扱っていたような、三角形や四角形などの単純な形ではない、複雑な自然界の形。長さを測ることもままならない、一見とらえどころのない、でたらめな形のように見えます。しかし、マンデルブローはこの一見でたらめな自然界の形に、ある法則があることを発見します。, マンデルブローは海岸線のデコボコ具合が、地図の縮尺によってどのように変化するかを調べました。地図の縮尺を段階的に変えながら、海岸線の長さを測っていったのです。海岸線の長さは、デコボコ具合が大きければ大きいほど、長くなります。デコボコ具合が小さくなめらかなものほど、短くなります。海岸線の長さがデコボコ具合を表す数学的な基準となるのです。, そのように海岸線のデコボコ具合を詳しく調べていくと、どの縮尺だろうとデコボコ具合がほぼピッタリ同じになる、ということがわかったのです。どういうことか、実際の地図を例に説明していきましょう。, 一番左側の地図の海岸線の一部を拡大してみます。その拡大した地図の一部をさらに拡大してみます。なんだか拡大しても似たような形が続いていくと思いませんか? 完全に同じ形ではありませんが、似たような形の、同じようなデコボコ具合の地図がいつまでも続いていくのです。デコボコ具合がほとんど同じなので、どのくらいの縮尺の地図なのかは、形を見ただけではよくわかりません。, この海岸線だけが、偶然そうなっているわけではありません。世界中の様々な海岸線を調べてみても、同じ結果になります。様々な海岸線はどれも、拡大しても縮小しても、デコボコ具合がほとんど同じなのです。縮尺をいくら変えても、同じような形がいつまでも続いていくのです。ある縮尺ではなめらかで、拡大するとデコボコになり、さらに拡大するとなめらかに戻り、というような、縮尺でデコボコ具合が変わる海岸線はほとんどなかったのです。, マンデルブローは、この海岸線の性質は自然界に普遍的な性質ではないか、と考えました。そしてそのような形を扱うための、新たな数学理論を構築していきました。それが「フラクタル」なのです。, 研究が進むにつれて、この性質は海岸線だけではなく自然界の様々なところに現れることがわかりました。例えば、樹木の枝分かれの形や、植物の葉の形、雲の形、山の起伏、雪の結晶の形なども、フラクタル構造を持っていました。人体の血管構造も同じで、拡大していくと同じような血管の枝分かれ構造が、繰り返し現れるのです。大きなものから小さなものまで、自然界のあらゆるところにフラクタル構造が現れていました。, 例えば、このロマネスコというカリフラワーの一種なんか、わざとらしいくらいにフラクタルな形をしています。, 自然界がフラクタル構造を持っているということは、逆にフラクタルになるように図形を描いていけば、人工的に自然に近い形を作ることができます。例えば下の絵のように、単純な三本の線の組み合わせを、縮尺を変えて繰り返していくことで、樹木のような図形を描くことができます。, 下の雪の結晶のような絵も、三角形を縮尺を変えて規則的に繰り返していくことで描かれています。, このように単純な形を規則的に繰り返していくことで、きれいに自然物を再現することができます。これはコンピュータグラフィックスなどに応用されています。, 1970年代、マンデルブローによってフラクタル理論が作られ、この世界に様々なフラクタルがあることがわかりました。それは驚くべき大発見でした。しかし人々は、この発見に驚くと同時に、深い納得感もまた感じていました。, 数学的なフラクタルの概念が作られたのは、近年のことですが、フラクタルに似たものは、古くから芸術や宗教の世界に度々現れていました。例えば仏教には「マンダラ」と呼ばれる絵があります。, マンダラは世界全体の姿を描いていると言われています。そして、それは綺麗なフラクタル構造を持っているのです。仏教だけでなく、世界中の様々な美術や建築に、フラクタル構造が見られます。 昔から 人間は小宇宙と呼ばれて来ました。. 構造と機能を獲得してきたので,微小重力の宇宙 環境では,様々な人体への影響が生じる2).今日 まで宇宙飛行経験者は既に400 人を超えている が,宇宙飛行士の年齢・運動量・飛行期間・ミッ ションの優先事項が異なることや,解析可能な対 今 わかっているだけでも そういう点は沢山あるのですが. 構造と機能を獲得してきたので,微小重力の宇宙 環境では,様々な人体への影響が生じる2).今日 まで宇宙飛行経験者は既に400 人を超えている が,宇宙飛行士の年齢・運動量・飛行期間・ミッ ションの優先事項が異なることや,解析可能な対 人体を要素に分解しながら見てゆくことも可能である。以下のような階層構造も見出すことができる。 個体レベル、は日常生活で見ているレベルである。 人の水分の率と 地球の水分の率はほぼ同じだったり、. 脳が我々の人体に生まれて、その後に宇宙が存在した、ということだ。 47: ニューノーマルの名無しさん 2020/11/23(月) 23:01:27.32 ID:0UiKR/RB0 火の鳥未来編とか14歳とか思い出す 宇宙の構造は六角形構造であり人体の細胞も六角形をしているとされ、すべては高密度高速回転をしています。 どうやら六角形から渦が湧きだして、エネルギーが増幅しているようなのです。 人体の不思議が、まるわかり!! その構造がもたらされた物理的プロセスも本質的に異なっているものの、両者の構造には、同様の複雑性と自己組織化が認められたという。 ヒトの小脳には約690億個の神経細胞(ニューロン)があり、観測可能な宇宙には少なくとも1000億個の銀河があるが、 宇宙環境が人体や精神に与える影響にはどんな物がありますか? 宇宙やロケット打上げを見てみたい. 近代科学の発展するはるか昔から、人々はそのような美しい調和が、この世界の本質であることを自然と見抜き、表現し続けてきたのではないでしょうか。, 【参考文献】 回転しながら移動するそれらトーラス構造はらせん状の軌跡を描きながら宇宙空間の地平線を広げてゆく。. ★宇宙と人間の仕組み 137億年前に誕生した宇宙では、時空の誕生から始まり無機物・有機物・生命にいたる果てしなく長い連鎖の果てに、 私たち人間が存在しています。 宇宙において、人間の存在意義とは一体なんなのでしょうか? 人間は何故生まれてきたんでしょうか? 人の脳の神経細胞であるニューロンの配置と 宇宙の銀河系の配置の仕方がとってもよく似ていたり・・・. 1: ごまカンパチ ★ 2020/11/23(月) 15:01:52.81 ID:dODFwKT79※リンク先に動画解説あり<宇宙網と脳の自己組織化は、同様のネットワーク力学の原理によって形成されている可能性がある、との研究が発表 … 宇宙と人間は一心同体です。. 宇宙を体感できるイベントに参加したい. 組織情報. 代表的な宇宙機のサブシステムは、バス系として電力系、姿勢制御系、テレメトリ・コマ ンド系、構造系、熱制御系及び推進系の機能によって分類されるものと、ミッション系と して各ミッション機器があ … アメリカ・コーネルに建てられたこの二〇フィートの構造物は、紛れもなく既存の構造概念を超え、当時のアメリカ人たちの驚嘆の声を誘うに十分であった。彼はほかにも数々の展開構造物を発表し、それらのほとんどが現在も輝きを失うことなく特異な光を放っている。 おそらく彼は二〇世� と思うかもしれません。しかしこの海岸線は、間違いなく無限の長さを持っているのです。どういうことでしょうか?, 海岸線のようにデコボコした物の長さを測るときは、モノサシの長さと、それを使ってどのように測るかが重要になってきます。例えば下図の左側のように、1km単位のモノサシで海岸線の長さを測ってみます。モノサシが5本分ですので、1km☓5=5kmです。ただモノサシが大きいので、海岸が入り組んでいる箇所は測れていません。, もうちょっと正確に測るために、図の右側のように、半分の0.5kmのモノサシを使ってみます。 さて、今回は宇宙と人体のフラクタル構造について・・・というお話です。フラクタルって何?というお話からまずはさせていただかなければならないのですが、これは少々難… nhkのドキュメント番組である『nhk特集』のタイトルを1989年に『nhkスペシャル』に更新する際、新しいドキュメント番組のシリーズの目玉として放映された。. 学生時代の塾講師アルバイトや、大学院時代の学生指導の経験から、難しい話をわかりやすく説明するスキルを身につける。そのスキルと豊富な科学知識を活かし、難しい科学ネタを誰にでもわかりやすく紹介する記事を得意とする。, この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。, 人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」《4/19(日)までの早期特典あり!》, 【50名様限定!自宅で受けられるスピード通信講座】「マーケティング・ライティング」徹底攻略21日間集中コース!なぜ天狼院の「マーケティング・ライティング」は販売や集客などに絶大な効果をあらわすのか?《5,000文字×3回の記事投稿チャレンジ権つき》, < 生きているのに死んでいる? 世にも奇妙な「シュレディンガーの猫」《宇宙一わかりやすい科学の教科書》, 月もリンゴもおんなじだ! 近代科学の父、ニュートンの大発見《宇宙一わかりやすい科学の教科書》, 歴史を変える究極のコンピュータ「量子コンピュータ」《宇宙一わかりやすい科学の教科書》, 生きているのに死んでいる? 世にも奇妙な「シュレディンガーの猫」《宇宙一わかりやすい科学の教科書》, 「大人になってしまった自分」に、寂しさを覚えた時に読む本《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, 「ライターを目指すなら今すぐこれを買いなさい」と言われた一冊《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, 人間はワインと同じだ 《あなたの上手な酔わせ方~TOKYO ALCOHOL COLLECTION~》, ニュートンとアインシュタインの「重力をめぐる世紀のミステリー」《宇宙一わかりやすい科学の教科書》, 【京散歩/祇園・岡崎編】「めっちゃうまい」と思わず声が漏れる京都の蕎麦屋《天狼院通信》, 女が女に甘える「かりそめGL(ガールズ・ラブ)」がなぜ発生してしまうのかと、だから飲み会に行きたくないのだ論《川代ノート》, 「不可能を可能にする考え方」をインストールしたければ《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, いくら読んでも太らない! お腹と心をほっこり満たす、美味しい小説・エッセイ7選《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, 30手前で彼氏と別れたわけ《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, 彼が残してくれたもの《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, リアルに恋をしたいのなら、この本は読まないで欲しい《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, 私の中で生きる、忘れられない誰かの恋愛物語《週刊READING LIFE vol.3「とにかくこの本を読んでくれ」》, 人生最後の恋が連れて来たもの《週刊READING LIFE vol.1「自分史上、最低最悪の恋」》, 桃太郎に惚れた女の結末《週刊READING LIFE vol.1「自分史上、最低最悪の恋」》, 処女だった私がセフレになろうか本気で考えた恋の話《週刊READING LIFE vol.1「自分史上、最低最悪の恋」》. 新発見もよくわかる解説コラムつき! 非物質宇宙は、エントロピー減少に向かい、永遠に進化発展 する存在です。 Ⅴ 物質宇宙を非物質宇宙は、小宇宙にたとれられる人体構造に 似ており、物質宇宙は人の身体に、非物質宇宙は人の心にたとえる ことができます。 (人体の周囲の条件としては)適切な気温、適切な大気圧も必要である。 階層構造. 「フラクタル」高安秀樹 朝倉書店, ❏ライタープロフィール この宇宙の構造が 宇宙物理学等で ものすごく詳しく解明されています。 最近わかってきたことは 私たちの住む 物質のある世界は この宇宙のたった1~4%なんだそうです。 残りは 暗黒物質と暗黒エネルギー(真空エネルギー)です。 宇宙医学とは,「宇宙における人体の構造・機能の 変化を研究し,その変化に対する治療・予防を開発 する学問」と言うことができると考えられる.宇宙 において人体の構造・機能に変化を与える因子とし ては,微小重力環境,宇宙放射線,閉鎖環境などが