老後の一人暮らしが抱えるリスクと、そのリスクを回避するための対策についてお伝えします。mattoco Lifeは三菱UFJ国際投信が提供する、あなたの"life"をデザインするサポートメディアです。 老後を賃貸で過ごすか、持ち家でで過ごすか。それぞれのメリット・デメリットやどんな備えをしておくべきなのかをご紹介します。mattoco Lifeは三菱UFJ国際投信が提供する、あなたの"life"をデザインするサポートメディアです。 ツイート . 老後に賃貸物件で暮らすリスク. 久留米大学商学部教授である塚崎公義さん、この方は『老後破産しないためのお金の教科書』の著者なので、「老後のリスク」という点にポイントがあります。 そのため、自身が持ち家派であり、「借家より持ち家に住むべき」と言い切ります。 また単身の高齢者の場合、孤独死のリスクも考えないといけません。遺体の発見が遅れると物件の損傷も激しくなりますし、事故物件は借り手がつきにくくなるからです。そのため高齢者の入居審査は厳しいものになりやすく、お子さんなど現役世代の連帯保証人も必要になってきます。 ・家� 老後の暮らしについては、お金に関して目が向きがちですが、同じように注目したいのは家です。老後のために持ち家がいいのか、賃貸がいいのか悩む人もいるかもしれません。最近では老後に賃貸住宅を検討する人もいるようです。賃貸住宅にはどのようなメリットあるのでしょうか。 持ち家、すなわちマイホームを取得するか、賃貸暮らしを続けるかで悩まれる方は少なくありません。 しかしながら、その答えはそれぞれの方や家族、仕事、資産状況によって違いますので全ての方に当てはまる「正解」はありません。 賃貸と持ち家のそれぞれのメリットとデメリットと合わせ、どちらかを選択するにあたって「気を付けておかなければいけないこと」をお伝えしたいと思います。 老後も賃貸で過ごすなら資産を運用する事が大切 . 高額で買っている上に、すぐ価値が下がってしまうため、自分で住まないと割に合いません。, 近所とトラブルが発生しても、賃貸なら転居するだけで解決です。転勤を命じられても、身軽に動けるでしょう。, 持ち家があると、トラブルの相手とずっと付き合わなければならないですし、転勤で住んでいないときも維持費や固定資産税はかかり続けます。, また、ライフスタイルに応じて簡単に住み替えられるのも、賃貸ならではのメリットです。, 例えば、夫婦と子供数人で暮らすのを想定して家を建てると、子供が独立したときに持て余してしまいます。2階建てだと、高齢化したとき階段の上り下りに苦労するでしょう。, 近年は固定金利でも年利1%台ですが、35年でローンを組むと、総支払額は借りた金額の1.2~1.4倍になります。, 変動金利になると、年利1%未満が主流ですが、返済中に金利が高くなる可能性もあるのがリスクです。, 他にも、住宅ローンを組んでしまうと、毎月決められた期日まで、指定された額を返済しなければいけません。万が一、返済が遅れたり滞ったりすると、金融機関によっては一括返済を求められます。, 無理のない返済プランを組んだつもりでも、完済するまで確実に収入があるとは限りません。, 勤め先の倒産やリストラ、本人の病気、夫婦で返済しているのであれば出産や子育てなどで収入が途絶える恐れがあります。, 賃貸では、収入が少なくなれば、家賃の安いところに転居するだけで出費を抑えられるわけです。, 持ち家は住宅ローンを完済すると、自分の財産になります。維持費や固定資産税はかかりますが、同じ広さの賃貸と比べると、住居費の負担はずっと軽くなるでしょう。, 総務省の「家計調査(2018年)」では、65歳以上の住居費が単身世帯で年27.8万円、2人以上の世帯でも年1.6万円程度しかありません。同調査では、単身世帯で約7割、2人以上の世帯では9割以上が持ち家で暮らしています。, 老後になって収入が減少すると大きな負担になります。そのため、現役のころから家賃の用意を用意するか、年金以外の安定した収入源が必要です。, 仮に月5万円の部屋に30年間住み続けるとしたら、1,800万円が余計にかかります。, 収入が減少して家賃が大きな負担になるなら、安いところへ住み替えれば解決するでしょう。, けれども、高齢者になると借りられる物件は限られてしまいます。家主が貸し渋るからです。, 認知症になって判断機能が衰えると部屋を汚したり、他の住人に迷惑をかけたりする恐れもあります。病気によって部屋で亡くなる可能性もゼロではありません。, 段差が多かったり、高層階なのにエレベーターが無かったりするところで暮らすのは困難です。持ち家なら暮らしやすくなるようにリフォームできますが、賃貸ではほぼ禁止されています。, 家賃も安いとは限りません。不便に感じても引っ越しできなければ我慢するしかないため、高齢者にとっては苦痛です。, けれども、持ち家は自分で負担しなければいけません。資金が不足していると、生活を圧迫したり、不便な思いをして住み続けなければいけなかったりします。, 老後も一生暮らすのであれば、修繕費を確保しなければいけません。他に固定資産税もかかります。, それ以外の費用は原則としてかかりませんが、住宅ローンを完済していないのであれば別です。, 価値は建てたときよりも目減りしていますが、いつでも帰れる場所があるのは、安心できるでしょう。万が一のときは売却して現金化できるので、老後資金が不足しても対処できます。, 持ち家を売却して現金化した後も、ハウスドゥ!とリース契約を結び、引き続き暮らすことができます。, リース契約には期限がなく、資金が用意できればもう一度購入して自分の所有にすることも可能です。, 全国の戸建や区分マンションが対象になるので、老後の資金不足でお悩みの際は、ぜひご相談ください, 一生賃貸で暮らすとなれば、家賃によって老後資金が不足したり、自由に住み替えできなくなったりするリスクがあります。, 老後を迎えるまでに家賃分の資金を用意し、暮らしやすいところに引っ越すと良いでしょう。, 持ち家なら、住宅ローンを完済していれば、必要なのは修繕費と固定資産税くらいです。万が一のときは現金化できます。, 0120-350-340 老後の賃貸生活についての リスクのお話をしました。 やはり 何らかの理由で 引っ越すことになった時の 高齢者に対する貸し渋りが リスクとなります。 また 賃貸住宅では すぐに引っ越しができる メリットもありますが その分の家賃が 老後に賃貸のリスクは大きく3つある (1) 年金が減って家賃が払えなくなるリスク 多くの方は毎月の家賃を年金から支払うことになりますが、金融庁が2019年5 とはいえ、生涯賃貸派も老後の安定のためにできることはあります。 「気ままな賃貸暮らし♪」というイメージを即刻捨てることです。 生涯賃貸派のメリットは「住宅コストを変化させられる」こと。 例えば子どもが独立したのを機に狭い部屋に移れば、家賃は大きく下げられます。現役時代 老後に賃貸物件が借りられないリスク. ライフ . 46. 17. つぎに、定年後も賃貸住宅に住むデメリットとリスクを解説していきます。 ・一生家賃を支払う必要がある. そうした費用を含めて考えても、また、将来、家賃が物件の老朽化によって下がったり、家賃が安いところに引っ越したりしても、 老後の生活での家計支出を考えると賃貸での生活は不安定であり、購入したほうが有利 ではないかと言えます。 (受付時間9:00-17:00), ※ 取扱には審査があり、諸条件によりお取扱いできない場合もあります。ご利用にあたっては所定の事務手数料と別途登記等の費用が掛かります。詳細はお問合せください。 老後はマンションか、戸建てか。高齢者を襲う不都合な住宅リスク. 老後を賃貸住宅で生活しようと考えている人の最大のリスクは、老後に家賃が払えなくなる可能性があるということです。 家賃が払えなければ、住む家を失い路頭に迷ってしまいますよね。 老後に賃貸物件で暮らす選択には、メリットがある反面リスクもあります。住まいの不安を解消するために、 賃貸で想定されるデメリットも理解しておきましょう。 居住し続ける間は家賃がかかる. ※ 残債金額により取扱いできない場合も有。 はてブ . 賃貸と持ち家、最終的にどちらが得か?という議論をテレビや雑誌などでよく見聞きします。賃貸派からすると、社会情勢の変化や解雇などからローン返済が破たんするリスクが懸念され、持ち家派からすると年金制度の不信感から老後も家賃を払い続けられなくなるリスクがあります。 老後の生活を賃貸物件で暮らし続けるリスクは、「万が一のときの保証」があり、賃貸に独身ではなく家族で暮らす場合には、世帯主が亡くなっても家賃の支払いが継続されなければならず、残された家族が引っ越しせざるを得ないことも起こります。 ※ 締結した契約書の記載事項に反した場合を除き住み続けられる。 ※ 未成年者との契約には法定代理人の同意が必要となります。. 資産運用セミナーに参加する方の多くが、「老後の生活が不安」とか「老後破産が不安」と仰っています。では、実際にどのくらいの貯金だと老後破産の恐れがあるのでしょうか?また、老後破産を回避するためにはどのように資産を運用していけばよいのでしょうか? ※ 物件・状況により5日で対応できない場合も有。5日実施の場合別途手数料要。 一生賃貸で暮らすとなれば、家賃によって老後資金が不足したり、自由に住み替えできなくなったりするリスクがあります。 老後を迎えるまでに家賃分の資金を用意し、暮らしやすいところに引っ越すと良 … 2017.03.14. 賃貸は引っ越しがしやすく、現役時代の負担を抑えられることがメリットですが、老後の負担が大きくなります。また、高齢者は部屋で亡くなってしまうなどのリスクがあることから、老後は賃貸物件がなかなか借りられないことも懸念点です。 420. 老後の賃貸の3つのデメリットとは? メリットだけでなく、 老後の賃貸にもデメリットはあります 。 両方考えて、どちらでいくか 考えておきましょう。 次の章から、 デメリットをお伝えします。 1.リスクが高い. 老後も賃貸に住み続けるデメリット. ※ 再度購入には別途条件有。また、登記費用等の諸経費要。 老後も賃貸で過ごすという時には、結局これが大切だと思うんですよね。 Pocket . 老後賃貸はリスクがありますが、最低限蓄えをもっておくことでそれをうまく回避することができます。 4 賃貸 vs. 持ち家のメリットデメリットを徹底比較. ※ 一部、現金一括で支払できない場合も有。 その根拠と、賃貸派のアキレス腱である老後の暮らしについて対策を聞いた。 (聞き手は鈴木 信行) 著書「サラリーマンは自宅を買うな」で、会社員がローンを組んで自宅を所有するリスクを主張されて … そんな老後に賃貸物件だとやはりリスクがあるという側面があると思うんですよね。 関連記事:引っ越しする時のおすすめの業者 . 表題の答えとしては、高齢者はまだまだ賃貸は借りにくい状況にあります。 賃借人が介護状態になったり、孤独死をするなど、万が一のリスクを恐れている大家さんが多いことによります。 まずは「リスクが高い」です。 483. by 廣田信子『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』 シェア . 賃貸暮らしにはデメリットもあります。老後に賃貸暮らしを続ける上でのデメリットやリスクを考えてみましょう。 経済的なリスク. 老後に賃貸暮らしをするリスク. 昨今のアパート建設ラッシュを見ていても、その需要の高さを感じる事が出来ると思います。, ただ、賃貸物件に老後も住むのか?という事を考えると、少し怖くなったりもしませんか?, きっと働いている時はまだ良いものの、老後も賃貸となると、不安に思う人だっていると思うんですよね。, 賃貸に住むという事のメリットはもちろんあると思うんですよ。高額な修繕費がかかる事はありませんし、, 住居だって簡単に変える事が出来るんですよね。「この街には飽きてしまったら、別の街に行こう」みたいなことが簡単に出来る。, 老後も賃貸で暮らすとなるとこれは厳しいものがあると思うんですよね。もちろん、一人で住むための住居であれば、, 年金でもやっていけると思います。しかしながら、夫婦2人で住む場合等はかなり厳しいんじゃないかな。いや、都内だと1人暮らしでもちょっと大変になりそうな気がします。, 賃貸だと毎月一定額を家主に支払わなければいけないわけなんですよね。つまり、月々必ずかかってくる経費になってしまうんですよ。, ランニングコストになるわけ。東京都内だと最低でも5万円程度はかかってくる。そうすると、年金額から家賃を引いた金額で生活をしていくことになるんです。, もちろん老後も賃貸の家賃が払えるという事であれば良いのですが、そういった人だけではないと思うんですよね。, 確かに、今だと年金もあるので良いと思うのですが、年金だって今後はどうなるのかわからないんですよね。受給年齢や受給額だって変わってくるかもしれない。, そうなってくると、老後に賃貸だと家賃を払えなくなってしまったりとか、老後に賃貸だと生活費が削られてしまって満足な生活が出来なかったりするんですよね。, 老後もお金の事を心配しなければいけないのが今の時代ではあると思うのですが、それでもなるべく心配したくないものですよね。, 70歳くらいになってから、「来月の家賃は払えるのかしら」と考えるのはつらいと思うから……。, 持ち家だと、最初のお金こそかかりますが、その後は固定資産税や修繕費を払えば良いだけで毎月定額出払わなければいけない金額というものは少ないのです。, 今って、中古物件だったら結構安くなっているところもあるので、ある程度のお金を持っているのであれば、賃貸から持ち家にしても良いと思うのです。, ただ、その一方で「買う地域」に関しては熟慮する必要性があるんですよね。「どこに家を持つ事で今後、資産性は保たれていくのか?」という投資家的目線を持つ事が必要になってくるわけです。, 不動産投資家だけでなく、一般の人も持ち家を買うのであれば、投資家と同じ目線で購入する必要があります。, マンションにしてもそうです。一般的に家の価格というものはだんだんと土地の値段に近付いてくるんですよね。上物の価格は消えていく。, だからこそ、持ち家をマンションで買う場合は一世帯当たりの土地の比率が大きい家の方が良いんですよね。, 現在、ヴィンテージマンションと呼ばれているような物件も、土地の比率が大きいですよね。だからこそ、資産価値を保っているのです。秀和レジデンスとかね。, タワーマンションとかだと、一世帯当たりの土地の比率が低いので、今後は値下がりが発生すると思っているのです。, 老後は絶対に賃貸が良いのか?というと、そういう事でもないのですが、今の生活形態等から「賃貸にするべきか?持ち家にするべきか?」という事は、, さて、ここまで老後を賃貸物件で過ごす事について書いてきましたが、なぜ賃貸物件にリスクがあるのか?というと、, 老後が長くなったからという事があると思うんですよね。日本の平均寿命はどんどん伸びていき、今後は100歳以上の高齢者がより増えてくるでしょう。, 死なない人が増えてくるわけなんですね。そうなってくると、より「老後の賃貸物件」というものはリスキーなものになってくると思うのです。, 例えば、今7万円の家賃の所に住んでいて、今後も住むのであれば「いくらかかるのか?」という事を考えてみてください。, という感じになってくるんですよね。これって結構な金額だと思いますよ。月々にしたらそこまで気にならないかもしれませんが、, 細かく考えてみると、意外と大きな金額だったりするんですよね。普通にマンションを購入することができる金額です。住宅ローン控除もあるし、買った方がお得な場合の方が多いんじゃないかね。, 今後は65歳で本当の定年を迎えてからも35年は生きるような人が多くいるようになるわけです。, 「なぜ老後は賃貸だと危険なのか?」というと、「老後は収入が減るから」なんですよね。でも、これだって解決する方法があるわけです。, 不動産投資等をしても良いですが、勉強をしていないと養分になるだけです。だからこそ、おすすめしているのが、, クラウドクレジットやmaneo等の貸し付け型のクラウドファンディングで投資をし、そこから家賃分を稼ぎだせば良いのです。, ソーシャルレンディングサービスを使って老後の賃貸費用を稼ぐような人だって今後は増えてくると思いますよ。, 月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「.